HOME | 電子図書館のトップページへ   サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | 最初の頁へ

月曜日か火曜日  ヴァージニア・ウルフ Virginia Woolf

Monday or Tuesday

怠惰に無関心に、翼でたやすく空間を震わせながら、その行くべき道を知り、アオサギは教会の上を空の下をゆく。白く遠く、おのずからおのずへと吸いこまれるように、空は、終わりなく隠してはあばき、動いては留まる。湖? その水際を消し去るがいい! 山? ああ、完璧だ――太陽が金色に染めるその斜面。滝を下る。それにはシダが、あるいは白い羽が、いつまでもいつまでも――




真実を欲し、待ち望み、骨を折れども言葉はほとんど引き出せないが、それでもいつまでも欲し――(左から悲鳴が上がり、続いて右からも。逸れた車が激突する。バス同士がぶつかりあう)――いつまでも欲し――(その時計ははっきりと十二回音を刻み、正午をうたう。金色のうろこに光が注がれる。子どもらが群れる)――いつまでも欲している、真実を。赤は丸屋根、小銭が樹木にぶらさがる、煙が煙突から立ち昇る、怒鳴り、叫び、喚く、「鉄売ります」――そして真実を?

男たちの足元の、そして女たちの足元の一点に向けて放たれる、黒かったり金を散りばめられたりした――(このどんよりした空――お砂糖? いいえ、けっこうです――将来の政府)――火明かりが飛び、部屋を赤く染めるけれども、黒い人影と輝く瞳は変わりばえなく、表でバンから人が降りてくる間、ミス・スィンガミーは自分の机で紅茶を飲み、板ガラスが毛皮のコートの型崩れを防ぐ――

Flaunted, leaf-light, drifting at corners, blown across the wheels, silver-splashed, home or not home, gathered, scattered, squandered in separate scales, swept up, down, torn, sunk, assembled -- and truth?

今は暖炉の傍の白い大理石の上に集めなおすとき。象牙色の深みより、言葉がわきあがってその黒さを、輝きを、強さを見せつける。落下する本。炎の中に、煙の中に、刹那の閃光の中に――あるいは今は旅のさなか、大理石の四角いペンダントは下に見えるミナレットを越えインド洋を越え、一方で空間は青く変じ、星々はきらめく――そして真実も? あるいはいまはもう、近似で満足して?

怠惰に無関心に、アオサギはもどる。空は星々を包み隠す。それから露にする。

原文:「Monday or Tuesday」所収「Monday or Tuesday」
翻訳:枯葉
2002年5月23日公開

スポンサーサイト

| 15:11 | 読書感想(0) | トラックバック(0) | 最初の頁へ

感想文











非公開コメント

TRACKBACK URL

 http://tosyo.blog19.fc2.com/tb.php/21-b3efb399 

TRACKBACK

 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。