HOME | 電子図書館のトップページへ   サイト内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | 最初の頁へ

『自省録』 第2章 マルクス・アウレリーウス


1.Begin the morning by saying to thyself, I shall meet with the busybody,
the ungrateful, arrogant, deceitful, envious, unsocial. All these things
happen to them by reason of their ignorance of what is good and evil. But
I who have seen the nature of the good that it is beautiful, and of the
bad that it is ugly, and the nature of him who does wrong, that it is
akin to me, not [only] of the same blood or seed, but that it
participates in [the same] intelligence and [the same] portion of the
divinity, I can neither be injured by any of them, for no one can fix on
me what is ugly, nor can I be angry with my kinsman, nor hate him. For we
are made for co-operation, like feet, like hands, like eyelids, like the
rows of the upper and lower teeth. To act against one another, then, is
contrary to nature; and it is acting against one another to be vexed and
to turn away.


朝起きたら自分にこう言い聞かせる。--おせっかい、恩知らず、威張りやさん、裏切り者、やきもち焼き、社会性のないやつ、こういう連中を避けて通ることはできない。この連中の性質は、ひとえに善と悪について理解していないことによる。しかしぼくは、善の本性は美しく、悪の本性は醜いことを知っている。それに、駄目な奴
とぼくの間にはそう大差はないことも知っている。彼らとは血を分けた兄弟であるだけでなく、知性、神性の程度において同胞なのだ。だから、ぼくには傷つけられて兄弟に腹を立てたり、逆に兄弟を傷つけたり、憎んだり、ということはない。両脚や両腕、やまぶた、歯並びが互いに調和しているのと同じに、人間は協力するために神様に創られている。人に腹を立てたり、キライになったりするのは他人の邪魔をすることだし、他人の邪魔をするのは自然と神に反することなのである。












2. Whatever this is that I am, it is a little flesh and breath, and the
ruling part. Throw away thy books; no longer distract thyself: it is not
allowed; but as if thou wast now dying, despise the flesh; it is blood
and bones and a network, a contexture of nerves, veins, and arteries. See
the breath also, what kind of a thing it is; air, and not always the
same, but every moment sent out and again sucked in. The third, then, is
the ruling part, consider thus: Thou art an old man; no longer let this
be a slave, no longer be pulled by the strings like a puppet to unsocial
movements, no longer be either dissatisfied with thy present lot, or
shrink from the future.


ぼくという存在は、それが何であろうと、身体と息、そして内なる指導原理で構成されている。本を読むことは諦めろ。読書に熱中するのはぼくには許されていないのだ。
死に掛けていることを自覚して、自分の身体にとらわれてはだめだ。。肉は単に血と骨、神経、静脈や動脈でできているだけ。二番目の、息はどうか?息も、吐いたりすったりするだけの単なる空気だ。では三番目に、指導理性は?

こう考えること;ぼくはもう老いた。理性をこれ以上、奴隷のごとくしておくことはできない。自分勝手な衝動に操られるわけにもいかない。現在に不満を抱くことも、未来を不安がることも許されない。










3. All that is from the gods is full of providence. That which is from
fortune is not separated from nature or without an interweaving and
involution with the things which are ordered by providence. From thence
all things flow; and there is besides necessity, and that which is for
the advantage of the whole universe, of which thou art a part. But that
is good for every part of nature which the nature of the whole brings,
and what serves to maintain this nature. Now the universe is preserved,
as by the changes of the elements so by the changes of things compounded
of the elements. Let these principles be enough for thee; let them always
be fixed opinions. But cast away the thirst after books, that thou mayest
not die murmuring, but cheerfully, truly, and from thy heart thankful to
the gods.



神々の振る舞いは摂理そのもの、運命は自然そのもの、摂理に支配された事象が自然を織り成している。すべては自然から現れ出でる。必然もそのように存在し、宇宙---ぼくもまたその一部である!---の特性を形作る。特性は自然の善なるものとして表れ、善が自然を定義する。ひとつひとつの要素の変化、そして要素の変化が引き起こす構造の変化が宇宙を形作っている。

もし以上のことを、本当にぼくが信じているのだったら...これに対して、満足しなくてはいけない。余計なことを考えてはいけない。本を読みたい気持ちは棄てなくてはいけない。ごちゃごちゃいうのではなく、よろこびをもって、誠実に、神様に対して心から感謝して、死ぬことができるように。










4. Remember how long thou hast been putting off these things, and how
often thou hast received an opportunity from the gods, and yet dost not
use it. Thou must now at last perceive of what universe thou art now a
part, and of what administrator of the universe thy existence is an
efflux, and that a limit of time is fixed for thee, which if thou dost
not use for clearing away the clouds from thy mind, it will go and thou
wilt go, and it will never return.



思い出せ、ぼくがどれだけ前からいろいろなことを先延ばしにしてきたか、神様から機会を与えられながら、それを有効に使わなかったか...。ぼくは今こそ宇宙の一部分であること、宇宙の偉大な支配者が、ぼくという存在を照射してくれていること、を強く感じなければならない。ぼくの持ち時間は限られている。ぼくの頭にかかっている靄を取り払おうとしなければ、時間はどんどん過ぎて、二度と還ってこないだろう。強く自戒すること。










5. Every moment think steadily as a Roman and a man to do what thou hast
in hand with perfect and simple dignity, and feeling of affection, and
freedom, and justice, and to give thyself relief from all other thoughts.
And thou wilt give thyself relief if thou dost every act of thy life as
if it were the last, laying aside all carelessness and passionate
aversion from the commands of reason, and all hypocrisy, and self-love,
and discontent with the portion which has been given to thee. Thou seest
how few the things are, the which if a man lays hold of, he is able to
live a life which flows in quiet, and is like the existence of the gods;
for the gods on their part will require nothing more from him who
observes these things.



頭から片時も離してはならないこと----ローマ人として、男性として、なすべき仕事を威厳と愛情をもってきちんと果たすこと。これ以外の余計な雑念から離れて、自らをいたわること。
自らをいたわるためには、どうすればいいのか。それには、常に一期一会の精神を忘れないことだ。つまり、でたらめやむやみな熱情、偽善、ナルシズム、自分の取り分が少ないことへの不満、こういったものを捨て去ること。。

一人の人間が、静かに満足した生を過ごすのに、一体どれだけたくさんの「もの」が必要だろう?ほんのちょっとしたことしか必要ない人は、神様という存在に近づく----、そして神様もそれ以上その人に無理難題を押し付けることはしないだろう。
そうならないと。










6. Do wrong to thyself, do wrong to thyself, my soul; but thou wilt no
longer have the opportunity of honoring thyself. Every man's life is
sufficient. But thine is nearly finished, though thy soul reverences not
itself, but places thy felicity in the souls of others.



恥をせいぜいかくこと。駄目なときは駄目。自分がすごいなんて思わないこと。行く河の流れは絶えず、人の一生は短い。ぼくの人生はもう終わろうとしているのに、自分に対して尊敬を払わず、他人の顔色ばかり伺っている...そんなことは許されない。










7. Do the things external which fall upon thee distract thee? Give
thyself time to learn something new and good, and cease to be whirled
around. But then thou must also avoid being carried about the other way;
for those too are triflers who have wearied themselves in life by their
activity, and yet have no object to which to direct every movement, and,
in a word, all their thoughts.



日常の細々としたことが自分の外で起こるから、気が散るって?そんな時は、収拾がつかなくなる前に、何か新しくて善いことについて考える時間を持つべきだ。

そしてもう一つ気をつけることは、忙しくしすぎて疲れてしまうこと。そうなってしまうと、言葉や考えを向けるべき目的を見失ってしまう。










8. Through not observing what is in the mind of another a man has seldom
been seen to be unhappy; but those who do not observe the movements of
their own minds must of necessity be unhappy.



人の心について注意深く観察していないからといって、不幸になるとは限らない。でも、自分の心について注意深く観察していない場合、そいつはきっと不幸になるだろう。










9. This thou must always bear in mind, what is the nature of the whole,
and what is my nature, and how this is related to that, and what kind of
a part it is of what kind of a whole, and that there is no one who
hinders thee from always doing and saying the things which are according
to the nature of which thou art a part.



次のことを念頭に置くこと:世界における自然と、ぼくのなかの自然、この二つはどのようにつながっているか、全体はどのように、部分はどのようになっているか?そして、自然(ぼくもまた、その一部である)のありように沿った言説や行動は、だれからも妨げられない。










10. Theophrastus, in his comparison of bad acts--such a comparison as one
would make in accordance with the common notions of mankind--says, like a
true philosopher, that the offences which are committed through desire
are more blamable than those which are committed through anger. For he
who is excited by anger seems to turn away from reason with a certain
pain and unconscious contraction; but he who offends through desire,
being overpowered by pleasure, seems to be in a manner more intemperate
and more womanish in his offences. Rightly, then, and in a way worthy of
philosophy, he said that the offence which is committed with pleasure is
more blamable than that which is committed with pain; and on the whole
the one is more like a person who has been first wronged and through pain
is compelled to be angry; but the other is moved by his own impulse to do
wrong, being carried towards doing something by desire.



テオプラトスは善悪の比較をするとき(まあありきたりの見方といえばそうだけど)いかにも哲学者なことを言っている。つまり腹を立てた人が犯す過ちよりも、欲望に駆られた人が犯す過ちのほうが重い。なぜなら、怒っている人は苦痛と無意識な良心の呵責を感じつつ理性に背いているのに対し、欲にまみれた人は快楽に支配され、罪に対して開き直った女々しさがあるから。

テオプラトスはさすが哲学者で、これに関連して苦痛によって犯す過ちよりも、快楽によって犯す過ちのほうが重いとも言っている。これは正しいのだろう。前者は苦痛によって怒らざるをえなくなった人という感じだが、後者は快楽を衝動的に欲望しているという点がすなわち駄目なのである。










11. Since it is possible that thou mayest depart from life this very
moment, regulate every act and thought accordingly. But to go away from
among men, if there are gods, is not a thing to be afraid of, for the
gods will not involve thee in evil; but if indeed they do not exist, or
if they have no concern about human affairs, what is it to me to live in
a universe devoid of gods or devoid of providence? But in truth they do
exist, and they do care for human things, and they have put all the means
in man's power to enable him not to fall into real evils. And as to the
rest, if there was anything evil, they would have provided for this also,
that it should be altogether in a man's power not to fall into it. Now
that which does not make a man worse, how can it make a man's life worse?
But neither through ignorance, nor having the knowledge but not the power
to guard against or correct these things, is it possible that the nature
of the universe has overlooked them; nor is it possible that it has made
so great a mistake, either through want of power or want of skill, that
good and evil should happen indiscriminately to the good and the bad. But
death certainly, and life, honor and dishonor, pain and pleasure,--all
these things equally happen to good men and bad, being things which make
us neither better nor worse. Therefore they are neither good nor evil.



いつ死んでもよいかのごとくあらゆることに対して向き合い、行い、話し、考えること。もし神様がほんとにいるのならば、それは少しも怖いことじゃない。なぜなら、神様はぼくを悪いことに巻き込むようなことはなさらないだろうから。
逆に、神様がいない場合はどうか?もしそうなら、あるいはもし神様がぼくたち人間のことなんか気になさっていないのならば、神様のいない宇宙、摂理のない宇宙に生きていて何になるだろう?

というわけで、やっぱり神様は存在する。ぼくたち人間どものことを心にかけておられる。そして人間がほんとに悪いことの中に落ち込むことのないように、すべての力を与えてくださった。もし未来に何か悪いことが起こるとしても、それは乗り越えるべき試練として用意され給うたんだろう。宇宙の摂理がそのようにしないはずがない。これらは神様が知っていながら防ぐことも、正すことができないから見過ごすということもないに違いない。したがって善人にも悪人にも平等によいこととよくないことが起こるようにしたわけではない。
とはいいながら、死と生、名誉と不名誉、苦痛と快楽、富と貧、こういうのは善人にも悪人にも平等に起こる。しかしこれはそれ自身において栄えあることでも恥ずべきことでもどちらでもない。したがってこれらは善でも悪でもないのだ。










12. How quickly all things disappear,--in the universe the bodies
themselves, but in time the remembrance of them. What is the nature of
all sensible things, and particularly those which attract with the bait
of pleasure or terrify by pain, or are noised abroad by vapory fame; how
worthless, and contemptible, and sordid, and perishable, and dead they
are,--all this it is the part of the intellectual faculty to observe. To
observe too who these are whose opinions and voices give reputation; what
death is, and the fact that, if a man looks at it in itself, and by the
abstractive power of reflection resolves into their parts all the things
which present themselves to the imagination in it, he will then consider
it to be nothing else than an operation of nature; and if any one is
afraid of an operation of nature, he is a child. This, however, is not
only an operation of nature, but it is also a thing which conduces to the
purposes of nature. To observe too how man comes near to the Deity, and
by what part of him, and when this part of man is so disposed (VI. 28).



月日は百代の過客とはよく言ったもので、すべてはなんてすみやかに消えてしまうのだろう。形あるものは宇宙の中に、形なき記憶は永遠の中に。すべての感覚的なもの、特に快楽としてぼくたちを誘惑するもの、苦痛としてぼくたちを怖がらせるもの、虚栄心の喝采をぼくたちに与えるもの、などはどんなものなのだろう。なんとそれらは安っぽく、いやしく、きたなく、腐っていて、死に近いのだろう。

これはぼくたちの頭でもわかることだ。褒めたり褒められたりしあっている人間とは、死ぬということは、そもそも何なのか。もしぼくたちが死それ自体をちゃんと眺め、理性によって死からファンタジックな思い込みを取り去ったとき、それは自然の摂理に基づくもの以外の何者でもないことに気がつくだろう。そんな自然の摂理を恐れる人は、まだ未成熟だ。しかも死は自然の摂理であるだけでなく、自然にとって必要不可欠なものでもあるんだ。

いかにして人は神に近づくか?人間のどんな部分が、どのようにして、近づくのだろうか?










13. Nothing is more wretched than a man who traverses everything in a
round, and pries into the things beneath the earth, as the poet says, and
seeks by conjecture what is in the minds of his neighbors, without
perceiving that it is sufficient to attend to the daemon within him, and
to reverence it sincerely. And reverence of the daemon consists in
keeping it pure from passion and thoughtlessness, and dissatisfaction
with what comes from gods and men. For the things from the gods merit
veneration for their excellence; and the things from men should be dear
to us by reason of kinship; and sometimes even, in a manner, they move
our pity by reason of men's ignorance of good and bad; this defect being
not less than that which deprives us of the power of distinguishing
things that are white and black.



だれよりもみじめな人間とは、あらゆる物事を見聞し、詩人のいうとおり「地の深みを極め」*、他の人の心の中を探ろうとしておきながら、自分としては自己の内なるダイモーンと向き合ってその真実に仕えなければならないことを自覚しない奴のことだ。(ラピュタのムスカ大佐みたいな。)ダイモーンに仕えるとは、激情、無定見、神や他人に対する不満などに汚されないようそれを守ることを意味している。

神様に対してはそのすごさを認め敬意を抱かなければならないし、人間に対してはその無定見さを愛さねばならない。(ぼくも人間で、ようするに同胞なのだから。)とくに人間が善と悪の峻別に対して無知である場合、それは哀れむべきことだ。白と黒の見分けがつかないのと同レベルの無知なのだから。










14. Though thou shouldest be going to live three thousand years, and as
many times ten thousand years, still remember that no man loses any other
life than this which he now lives, nor lives any other than this which he
now loses. The longest and shortest are thus brought to the same. For the
present is the same to all, though that which perishes is not the same;
and so that which is lost appears to be a mere moment. For a man cannot
lose either the past or the future: for what a man has not, how can any
one take this from him? These two things then thou must bear in mind; the
one, that all things from eternity are of like forms and come round in a
circle, and that it makes no difference whether a man shall see the same
things during a hundred years, or two hundred, or an infinite time; and
the second, that the longest liver and he who will die soonest lose just
the same. For the present is the only thing of which a man can be
deprived, if it is true that this is the only thing which he has, and
that a man cannot lose a thing if he has it not.



もしぼくが3000年生きようとも30000年生きようとも関係なく、どんな人でも現在生きている生涯以外何も失うものはないということを忘れてはいけない。だからどんなに長い一生でもどんなに短い一生でもその意味では同じである。なぜなら現在は万人にとって同じ--つまり等しく失われるものであるから。失われる瞬間は本当に一瞬だ。だから、こうも言えるだろう。誰も過去や未来を失うことはできない。持っていないものを失うことはありえない。
このとき、二つのことを覚えていないといけない。
一つ目。万物は気が遠くなるくらい昔から同じ形をなし、同じ周期を反復している。したがってこれを100年見ていることも、200年見ていることも、無限に見ていることも、違いはなにもないということ。

二つ目。繰り返しになるけど、もっとも長生きした人も、もっとも短命な人も、失うものは同じであること。人が失うことができるのは等しく現在だけであり、つまり持っているものも現在だけなのである。










15. Remember that all is opinion. For what was said by the Cynic Monimus
is manifest: and manifest too is the use of what was said, if a man
receives what may be got out of it as far as it is true.



「すべては主観である。」犬儒学派のモニモスが言ったことばだが、このことばの意味は明白だ。そしてこのことばを真実である限り受け入れるならば、その効用も明白である。










16. The soul of man does violence to itself, first of all, when it
becomes an abscess, and, as it were, a tumor on the universe, so far as
it can. For to be vexed at anything which happens is a separation of
ourselves from nature, in some part of which the natures of all other
things are contained. In the next place, the soul does violence to itself
when it turns away from any man, or even moves towards him with the
intention of injuring, such as are the souls of those who are angry. In
the third place, the soul does violence to itself when it is overpowered
by pleasure or by pain. Fourthly, when it plays a part, and does or says
anything insincerely and untruly. Fifthly, when it allows any act of its
own and any movement to be without an aim, and does anything
thoughtlessly and without considering what it is, it being right that
even the smallest things be done with reference to an end; and the end of
rational animals is to follow the reason and the law of the most ancient
city and polity.



人の魂が自己を汚す場合。---もっとも汚すのは、自分から宇宙の膿やガンのようになる場合である。なぜならば何が起こっても、それに対して腹を立てるのは自然に対する離反であって、他のあらゆるものは自然の一部に含まれているからである。

二番目。ある人に対して嫌悪感を抱いたり、腹を立てて相手を傷つけようとする場合。

三番目。快楽または苦痛に打ち負かされた場合。

四番目。仮面をこしらえ、不正直、不真実に行動したり話したりする場合。

五番目。自分の行動や衝動を何の方向にも向けず、でたらめ、脈絡なしに、なんでもお構いなく力を注ぐ場合。人の行動は、どんな小さなことでも、目的に関連して行われるべきものなのである。この場合、理性的動物たる人間様の目的は何か?それはもっとも尊ぶべき都市および国家の理法と法律---すなわち宇宙の摂理---に従うことである。











17. Of human life the time is a point, and the substance is in a flux,
and the perception dull, and the composition of the whole body subject to
putrefaction, and the soul a whirl, and fortune hard to divine, and fame
a thing devoid of judgment. And, to say all in a word, everything which
belongs to the body is a stream, and what belongs to the soul is a dream
and vapor, and life is a warfare and a stranger's sojourn, and after--fame
is oblivion. What then is that which is able to conduct a man? One thing,
and only one, philosophy. But this consists in keeping the daemon within
a man free from violence and unharmed, superior to pains and pleasures,
doing nothing without a purpose, nor yet falsely and with hypocrisy, not
feeling the need of another man's doing or not doing anything; and
besides, accepting all that happens, and all that is allotted, as coming
from thence, wherever it is, from whence he himself came; and, finally,
waiting for death with a cheerful mind, as being nothing else than a
dissolution of the elements of which every living being is compounded.
But if there is no harm to the elements themselves in each continually
changing into another, why should a man have any apprehension about the
change and dissolution of all the elements? For it is according to
nature, and nothing is evil which is according to nature.



人生は一瞬にすぎず、人の本質は流転し、その感覚は鈍く、その肉体は腐敗しやすく、その魂はとらえきれず、、その運命ははかりがたく、その名声は不確実である。
一言で言えば、肉体に関するすべては流れであり、魂に関するすべては夢であり煙である。はかない。人の一生は戦いであり、旅のやどりであり、死後の名声は忘却される。であれば、ぼくたちを導くことができるものは何か。

それはただ一つ、哲学である。すなわち自己の内なるダイモーンを守り、これが損なわれないように、傷つけられないように、快楽と苦痛を制御できるように、何ごともでたらめにおこなうことのないように、偽りや偽善のないように、他人から惑わされることのないように、すべての出来事すべての自己に与えられている分は、自分自身の由来するところと同じところから来るものとして喜んで受け入れるように、何にもまして死を安らかな心で待ち、これを肉体を構成する要素が解体することとみなすことができるように、ダイモーンを保つこと。
もし個々のものが絶えず別のものに変化することが、これらの要素自体にとって少しも恐れるべきものではないとしたら、どうしてぼくたちがこれを恐れなければならないのだろう?それは自然の摂理によるものだ。自然によることで悪いことは一つもないのだ。





This in Carnuntum.


カルヌントゥムにて記す


スポンサーサイト

| 14:50 | 読書感想(0) | トラックバック(0) | 最初の頁へ

感想文











非公開コメント

TRACKBACK URL

 http://tosyo.blog19.fc2.com/tb.php/4-49cdad25 

TRACKBACK

 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。